阪神大震災 子供引き取り500万円の見舞金狙う例も

明日、1年後、そして5年後の日本を考えよう。
1年後、確かな再起のために――。阪神大震災の教訓は重要だ。

地震発生が平日の午後とあって、家族が別々の場所で被災した結果、学校に通っていた子供だけが助かったケースも多かった。

「阪神大震災では、多くの場合、両親を失った子供たちを親戚などが引き取ったが、なかには子供についてくる500万円の見舞金目当てだったケースもありました」(神戸市関係者)

引き取られた後、中学卒業後の消息が追えなくなった子供も多かったという。
こうした教訓を生かし、『阪神・淡路大震災の教訓情報分析・活用調査』委員会のメンバーで、関西学院大学災害復興制度研究所の室崎益輝所長はこう提言する。

「市や県が社会的な施設を作って、心の傷を負った子供を育てるシステムも必要ではないか」

(週刊ポスト2011年4月8日号より)

今回の東北大震災でも見舞金目当てのみのとんでもない輩が必ず出てくるでしょう。

被災して身寄りのなくなった子供達が引き取られた後の追跡ケアーも非常に大切です。

予算が無ければ、生活保護などを不正受給している中国人やフィリピン人等に母国へお帰り頂いてでも財源を確保するべき!!

そう言えば、カルデロンもちゃっかり生活保護を貰ってましたね。
当時、マスコミは報道していませんでしたが。
不法滞在者へも簡単に生活保護を差し上げてしまうとは・・本当に困っている日本人にのみ出すべきものです!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です