震災時、複数ひび割れ…構造欠陥に住民絶句「ひどい」「悪質な手抜き」 ライオンズマンション

ベランダの壁のタイルをはがすと、次々と出てきた発泡スチロールや木枠、網…。
数々の欠陥が判明し、異例の建て替えが決まった川崎市のライオンズマンション京町。
欠陥を目の当たりにした住民たちは「これはひどい」と絶句した。
東日本大震災でも建物は大きく揺れ、壁面に複数のひび割れが生じたという。

 「壁の中身はめちゃくちゃ。驚かない方がおかしい」「一刻も早く危ないマンションから出たい」。
住民は団結し、大京側と協議。
震災後の3月27日に建て替えを決議し、既に引っ越しを進めている。
欠陥住宅問題に詳しい1級建築士の岩山健一さんは「発泡スチロールや木材はコンクリートを流し込む型枠に使った物が残ったのだろう。悪質な手抜きがあったとしか思えない」と指摘する。

マンション施工を下請けした業者はその後会社を分割し、取材に「今は別会社なので当時のことは分からない」と回答。
なぜこのような工事が行われ、大京や元請け会社が見抜けなかったのかは不明のままだ。

建設工事を一括して下請けに出す「丸投げ」は平成18年の建設業法改正で全面禁止された。
だが、岩山さんは「大手が建設費を差し引いて下請けに出し、工事がいいかげんに行われるという業界の体質は今も残っていると感じる」と話した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110828/crm11082809100004-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

中国の話しかと思いました。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です