靖国参拝の安倍首相を援護した 米国の若手ホープ議員!!!

田母神先生
 
オバマ政権は安倍晋三首相の靖国参拝に「失望」を言明した。
しかし、それに真正面から反対した議員がいる。
米国議会上院の共和党有力議員マルコ・ルビオ氏である。
米国は靖国などのアジアでの歴史問題には関与すべきではない、という主張だった。
安倍首相の靖国参拝への米国の対応は、オバマ政権の「反対」だけではないことが改めて証された。
 
ルビオ議員は共和党の気鋭の人気政治家で、2016年の大統領選挙での同党有力候補の1人とも目されている。
同議員は上院外交委員会の東アジア太平洋問題小委員会の共和党側筆頭委員である。
つまり日本や中国について審議する上院小委員会の野党トップの議員なのだ。
 
そのうえルビオ議員と言えば、いま米国政界全体で高い知名度と人気度を誇り、若手とはいえ大物の政治家である。
 
キューバからの難民を両親に持ち、貧しい家庭で苦労して育ち、高等教育を受けて弁護士となった。
そして2010年にフロリダ州から連邦議会の上院選挙に立って、当選した。
 
現在42歳、雄弁で明るいイメージの政治家で、2012年の大統領選挙では共和党の副大統領候補の1人として一時、名前が挙がった。
2016年の大統領選では共和党側の有力候補の1人となる可能性も大きい。
だから現在でもルビオ議員の発言は一目置かれることが多い。
 
オバマ政権の対日姿勢に反対を表明
 
ルビオ議員は韓国を訪問中の1月24日、ソウルの外交問題研究機関で米国の対アジア政策について演説した。
その演説と質疑応答の中で次のような発言をした。
 
「(安倍首相の靖国参拝、慰安婦問題、日本の教科書問題などへの韓国側の反発に関連して)韓国と日本はともに米国の同盟国同士である。その相互の関係を脅かしかねないような、深くて苦痛にまみれた、かつセンシティブな苦情については両国で解決に努めてほしい。だが、米国はその種の案件に関与すべきではない」
 
つまりルビオ議員は、米国が靖国参拝問題などに関わるべきではない、と主張しているのだ。
 
オバマ政権は日本への「失望」を表明することで、明らかに関与する道を選んだ。
だからルビオ議員のこの発言は、オバマ政権の対日姿勢に反対しているということである。
 
同議員は以下のようにも語った。
 
「(安倍首相の靖国参拝への韓国側の反発など)日韓両国間が直面する歴史関連の諸課題は真のチャレンジであり、無視することはできない。日韓両国間の絆がいまよりも緊密になれば、地域全体の安全保障を大きく改善させるだろう」
 
このように、歴史関連の諸課題はあくまで韓国と日本とが共に取り組んで解決すべきだと、述べたのだった。
 
日韓両国の取り組みがいまさらどれだけの成果を生むかは別にして、とにかく靖国参拝などの歴史的問題へのアプローチはアジアの当事国同士が協議すべきであり、米国が介入や干渉すべきではないと示唆しているのである。
 
ルビオ議員はさらに同じ演説のなかで、中国にも触れて、次のように語っていた。
 
「中国政府が東アジア地域での米国の同盟諸国同士の行き違いを悪化させ悪用しようとするときは、我々は黙認すべきではない」
 
この発言も、いまの靖国参拝問題などは中国による「米国の同盟国同士の行き違いの悪用」と見る認識をにじませていた。
日本だけを悪者にしたオバマ政権の態度とは正反対だと言える。
 
ルビオ議員の発言は、米国があくまで同盟国の日本や韓国との絆を重視し、優先するという姿勢を示しているとも言えよう。
 
そもそもいまの日本と韓国、あるいは米国との摩擦の動きは、中国政府が同盟の絆を悪化させ悪用しようとする試みの結果であり、オバマ政権が潜在敵の中国と組んで同盟国の日本を非難するような姿勢には反対だ、というわけである。
 
安倍首相の日本の防衛強化の取り組みを評価
 
ルビオ議員の今回の韓国訪問は上院外交委員会の東アジア太平洋問題小委員会の共和党トップとしてだったが、その直前に日本を訪れたことは明記しておかなければならない。
1月21日にはルビオ議員は東京で安倍首相と会見した。
この会見は米側ニュースメディアでも、「米側の靖国参拝に対する失望声明の後、米国政界の有力者が初めて安倍首相を訪問した」として注視された。
ルビオ議員がオバマ政権の問題視した靖国参拝についてどう対応し言及するのか、関心の的となったのである。
 
ところがルビオ議員は安倍首相との会談では、靖国参拝に一言も触れなかった。
批判めいた言葉は皆無だった。
逆にルビオ議員は会談の冒頭で以下のように安倍首相への高い評価の言葉だけを送ったのだった。
 
「安倍首相が日本の安全保障分野での能力を高めるために下した種々の決断や取り組みを支持する。特に日本の領土に対する冒険主義的な近隣国による非合法な主張を踏まえると、安倍首相のそうした姿勢は心強い」
 
ルビオ議員は、安倍首相の日本の防衛強化への措置を歓迎し、中国の尖閣諸島に対する頻繁な侵入、そして最近の一方的な防空識別圏宣言などを「冒険主義的」とか「非合法」と断じた。
 
場合によっては韓国による竹島の不法占拠までを念頭に入れた発言だったこともありうる。
しかも安倍首相の靖国参拝に対してはなんの抗議も不満も述べなかったのである。
この点でもルビオ議員の対応はオバマ政権とはまったく反対だったと言えよう。
 
米国大手紙のウォールストリート・ジャーナルは、「靖国参拝でオバマ政権から異例の厳しい批判を受けた安倍首相にとっては、米国議会の有力議員のルビオ氏からのこうした発言はおそらく望んでいた言葉そのものだっただろう」と論評していた。
安倍首相にとっては「アメリカからの援軍、きたる」だったのだ。
 
ルビオ上院議員の一連の発言を追うと、安倍首相の靖国神社参拝以後も明らかに日本支持であり、中国に対しては警戒し韓国には自制を求める姿勢が浮かび上がってくる。
 
日本の首相の靖国参拝に対するアメリカの反応は、決してオバマ政権の「失望」だけではない。
「『失望』表明に失望した」という意見も国政レベルで厳然と存在するということであろう。
この部分だけを見れば日米両国間の同盟の絆も、信頼の相互関係も、まだまだ健在だと言えるようだ。
 
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39861
 
(以上、JBPRESSより。)
 
ルビオ上院議員
 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    オバマ大統領は、今ひとつアジアと日本に対して勉強不足だと思います、ただ次はないので次期大統領が誰になるかが心配で、万が一ヒラリーさんが大統領になるとアメリカ版パククネになりそうなので、今のうちの慰安婦の捏造を論破しておく必要があります、私の描く理想の大統領は、マケイン上院議員かコリン パウエル氏です、彼ら軍人上がりなら強いアメリカをリードしてくれるはずだし、日中がやばくなれば空母機動艦隊を東シナ海に展開して、中国を封じ込める事など朝飯前でやってくれるでしょう。

    返信
  2. fdsa
    fdsa says:

    パパアキーさん。
    コメントをありがとうございました。
    オバマ大統領の勉強不足は此処に来て有名になってしまいましたね。
    ヒラリーさん⇒アメリカ版パククネ・・・笑ってしまいました!
    慰安婦捏造の完全論破は必須項目です。
    軍人あがりの大統領は、ホントに期待出来そうですね。
    同感です!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です