靖国神社に妨害団体が来たが、有志たちが追い出す!!!

靖国神社1
 
昨日、靖国神社でこのようなことがありました。
 
このような人物らを入国させないためにも国の入国体制を変える必要があるのです。
 
1919年2月8日に東京で韓国人留学生らが独立を求め採択した「二・八独立宣言」の95周年に合わせ、韓国の大学生らでつくる「二・八東京遠征隊」が7日来日した。
 
遠征隊は東京都千代田区の靖国神社付近の交差点で、同神社への接近を防ごうとする日本の警察に対し、「観光客なら誰でも行ける所に、なぜ行かせてくれないのか」と訴えた。
 
遠征隊は軍事関係資料を展示する遊就館で靖国参拝に反対する日本の活動家らと共に日本の妄言と靖国参拝を糾弾するパフォーマンスを行う予定だったが、警察は「神社は参拝する所であるため、パフォーマンスをしてはいけない」として、遠征隊がバスから降りようとするのを防いだ。
 
遠征隊は、歴史を学ぶために靖国神社を直接見に来たと主張し、押し問答の末にバスから降りることができた。
 
遠征隊が移動して歴史問題に関する文言が書かれた垂れ幕を取り出すと、警察が掲げるのを阻止し、現場は騒然となった。
 
遠征隊は「平和を望みます」と叫んで地面に座り込んだが、警察が手足をつかんで退去させ、垂れ幕を撤去した。
 
強制的にバスに乗せられた遠征隊は「日本の再武装に反対する」「アジアの平和を望む」「戦犯のための靖国神社参拝を中断しろ」などの内容が記された垂れ幕やプラカードを掲げた。
 
日章旗を手にした右翼団体関係者らが近づいてきたが、衝突を憂慮した遠征隊がその場を立ち去り、騒ぎは収まった。
 
警察は、遠征隊が靖国神社を訪問すれば右翼団体を刺激し、安全を保証できないとして、事前に在日韓国大使館を通じてパフォーマンスを抑止する方針を伝えていた。

 
(以上、旭日 二百五十六さんより。)
 
麻生先生!
 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. mackbeemer
    mackbeemer says:

    次回は待ち受けて、虫けら以下のチョン共は日本側の協力者共々叩き殺しましょう!

    返信
  2. パパアキー
    パパアキー says:

    今の日本、嫌韓がものすごい勢いで増殖しています、朝鮮猿どもがこんなことをやれば益々嫌韓が増えてしまう、こんな簡単なことも理解できずにいる猿どもは、早く滅んでもらいたい、また思いは矛盾するのだが、日本人を総嫌韓にしてくれるのならば、バカ朝鮮人のパフォーマンスも有りかな?。

    返信
  3. fdsa
    fdsa says:

    mackbeemerさん。
    コメントをありがとうございました。
    問題は、日本側に協力者が居ることですね!
    国内の協力者が日本人だとしたら、反日・売国・左翼の屑です。

    返信
  4. fdsa
    fdsa says:

    パパアキーさん。
    コメントをありがとうございました。
    今の日本の大嫌韓は、北・南朝鮮側に完全な非が有りますが、仰られる様に、此れが国交断絶の基礎になれば、それはそれで望むところではないかと皆さんが感じていると思います!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です