韓国でラーメン戦争勃発!挑戦者は日系企業、「辛ラーメン」25年の独走止まるか?

韓国人もインスタントラーメンをよく食べる。
25年以上もの間、トップシェアを独走しているのが、日本でもおなじみの「辛ラーメン」だ。
ところが2011年8月に、これに挑戦状をつきつける久々の大ヒット商品が登場し、韓国ではラーメン戦争が勃発している。

話題の新商品は、韓国ヤクルトが8月初めに発売した「ココ麺」。
ココとはニワトリの鳴き声のことで、日本語なら「コケコッコー」というニュアンスか。
商品名の通り、鶏スープがベースだ。

ー売り切れ続出の「ココ麺」、発売3カ月で首位争いに絡む大躍進ー

発売以来、それこそ爆発的なヒットとなり、10月末までの3カ月間で4000万個を出荷したという。
小売価格は1000ウォン(1円=14ウォン)で、短期間で400億ウォンを売り上げた。

ある大手コンビニチェーンの10月の全国販売実績で、ココ麺が突然1位に浮上した。
全国展開をする大手スーパーの売り上げでも辛ラーメンと1位を争うなど、ラーメン市場に突然異変が起きている。

韓国ヤクルトは、反応の大きさに製造ラインを急遽増設し、生産能力を2倍に引き上げている。
10月末には、カップ麺も発売したが、こちらも月に600万個の出荷計画だ。

ココ麺はどこに行っても人気が高い。
11月になってようやく大手コンビニにきちんと並ぶようになったが、大型スーパーには置いてないことが多い。

スーパーでは箱ごとまとめ買いする消費者が多く、入荷してもあっという間に売り切れるようだ。

11月初めの週末に大型スーパーを何件か回ったが、いずれも店頭にはなかった。
店員に聞いても「いつ販売できるか分からない」との答え。
知人の若い韓国人に聞いても、「どこに行っても入手難。カップ麺は見たことさえない」という。

ー韓国では珍しいあっさりスープ、開発者はコメディアンという異色のヒット商品ー

ココ麺は、これまでの韓国の主力ラーメンと異なる点が多い。

第1には、鶏ベースでスープが白いこと。
韓国のラーメンは、大半が牛肉ベースで、スープは赤く、味も辛目だった。
ココ麺も多少は辛口だが、これまでのラーメンに比べてあっさり味だ。

第2に商品化までの経緯が極めてユニークだ。
ココ麺を商品化したのは韓国ヤクルトだが、商品開発したのは若者に人気のコメディアンだった。このコメディアンが、独自レシピで作る料理を競う番組でココ麺を作って紹介。コンテストで優勝した。
韓国ヤクルト関係者がこの番組の審査員を務めており、さっそく商品化を決めたという。

商品化が決まると、ネットやツイッターなどで大きな話題となった。
ココ麺を話題にしたブログが相次いで立ち上がり、若者の間にあっという間に広がった。

では一体どんな味なのか。韓国人の知人3人と試食してみた。
3人のうち20代男性は、「すでに何度かココ麺を食べたことがある」と言うが、他の2人は「見るのも初めて」と言う。

スープは、韓国ではかなりあっさりした鶏スープ味。透明に近い白スープだ。
ただ、唐辛子を刻んだ具が入っており、ぴりっとする。
韓国人は「この程度は辛いとは言わない」と評するが、多少の刺激があることは確かだ。

スープは、塩味が利いていて、さっぱりしながらしっかりした味だ。
初めて食べたと言う50代の男性も30代の女性も「なるほど。これはおいしい。真っ赤なラーメンに慣れ切っているので、妙な気もするが、刺激もあって食べやすい」と言う。
「お酒を飲んだあとには、特においしいかも」という声もあった。

ー「辛ラーメン」の牙城だった韓国ラーメン市場ー

韓国にインスタントラーメンが登場したのは1963年。三養食品が「三養ラーメン」を発売して人気商品となった。

三養食品は長年、韓国市場でトップシェアを握っていたが、1986年に農心が「韓国ラーメン市場の革命的商品」と言われる牛肉ベースの辛ラーメンを発売して爆発的ヒットとなり、ラーメン市場のトップ企業に躍り出た。

それ以来、辛ラーメンは韓国では不動の圧倒的1位ブランドだ。
インスタントラーメン市場での農心のシェアも70%を超え、韓国ラーメン市場のガリバーになっている。

韓国メディアによると、2010年の辛ラーメンの韓国での出荷規模は4億5000万個前後。1カ月平均で4000万個弱だ。ココ麺はまだ、この「巨人商品」とは販売量で大きな差があるが、すでに全国ブランド別販売で2~3位に入ったとの見方が有力で、生産能力を倍増している。

ココ麺がヒットするまでの過程は、これまでのヒット商品とはかなり異なっている。

ーSNSでどんどん増殖するココ麺情報ー

先に触れた通り、ココ麺は、テレビの人気コメディアンが開発者で、まず、テレビというメディアで商品が話題になった。

だが、商品化後、韓国ヤクルトがほとんどテレビCMなど宣伝を打っていない。
品不足だから宣伝を手控えているという面もあるが、CMなどを使う必要がないとも言える。
ツイッターなどを通してあっという間に消費者に広がったからだ。

ブログやツイッターなどでのココ麺に対する情報は、いまもどんどん増殖している。
食べた消費者はその感想を伝え、食べていない消費者は「○○スーパーに行ってもなかった」と嘆く。
すると別の消費者が「○○に行けば、箱で売ってるよ」と答える。
ココ麺を作る際のお湯の量を巡っての論争もあった。

ラーメン市場では、これまでも何度か辛ラーメンに挑戦する商品が登場したが、いずれも惨敗に終わっている。
発売3カ月とはいえ、序盤戦でココ麺ほどの快進撃を見せた商品は初めてだ。

ココ麺は、テレビ有名コメディアンとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)があっという間に作り上げたヒット商品ということになる。
それだけに「消費者が飽きるのも早い」という見方もあるが、まったく別の見方も多い。

ココ麺と並んで最近韓国でヒットしているもう1つのインスタントラーメンが「長崎ちゃんぽん」という商品。こちらは豚ベースのスープで、辛さも控えめのさっぱり味だ。

ー韓国人の味覚が変わった? 25年ぶりの奇跡もー

「韓国人の味覚が、激辛一本やりから少しずつ変わってきている。ココ麺も長崎ちゃんぽんもこうした変化に乗って登場した商品だ。おいしいという評価が多い以上、25年ぶりの奇跡が起こらないとも言えない」(韓国紙デスク)という。

韓国ヤクルトは、日本のヤクルト本社が38%出資する関連会社だ。韓国でも乳酸飲料を販売するために1960年代後半に設立された。
日本と同じように、制服を着た女性がカートを押してオフィスや住居に届ける販売システムで広く普及している。
2010年決算の売上高1兆1425億ウォン、営業利益713億ウォンの優良企業だ。

韓国ヤクルトはこれ以外に、インスタントラーメンを生産し、販売している。
韓国内のシェアは9%前後で業界4位ながら、農心のシェアが圧倒的で、ラーメン業界での存在感がいまひとつだった。それが突然の大ヒットで、一気にラーメン市場での認知度も上がっている。

いま、韓国のラーメン市場が熱い。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/28788

(以上、JBPRESSより)

ヤクルト社のラーメン・・・何かイメージが・・苦しいです。
ヤクルト社の工場はここフィリピン国内にもありますね。私も以前、数回伺った事がありました。
事務所では当然、コーヒーではなくヤクルトが出てきました。(久しぶりのヤクルトで懐かしかったです。)

何といっても、ヤクルトおばちゃんが暑い中、カートを引いているのを見ると買わなければならないと言う感覚に襲われてしまう私です。

私も、ラーメン大好き派ですので是非今度、試食してみたいと思っております。

ーYAKULT Commercial (Director’s cut 60 Sec.)ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    私は辛ラーメンに嵌ってましたが早速どうにかして入手しなくては。。。。。
    ただ韓国インスタント麺は好きになれず日本のインスタント麺を使うと美味です(私好み)
    日本インスタントラーメンのスープは、他の料理に使うと出汁が効いて便利です。
    一度お試しを。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございます。
    「辛ラーメン」に嵌っておられる方はかなり多いですね。
    スープは辛ラーメンのスープを使って、麺を日本のインスタント麺を使う方法がありましたか~!なるほどです。
    また、日本のインスタントラーメンのスープを他の料理に使うと言う技も納得です!これは、考えただけでも色々な料理に使えそうですねホント。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です