麻生元首相 ブラジルで大歓迎 ! 他国代表〜羨望の眼差し。

ー衆議院議員 河村建夫氏 ブラジル・エクワドル訪問記ー

この度、ブラジル(伯)に初の女性大統領(ジルマ・ルーセフ)が誕生し、その就任式(2011/1/1)に合わせて中南米議員連盟から超党派の代表団を派遣することになりました。
この議連は、日伯議連と共に私が幹事長をしており、野党側の人選を私がやり、まず、日伯議連会長の麻生元総理に出席を要請しました。
「君が一緒に行くなら」という麻生元総理の一言で決まった次第です。

年末年始に日本に居ないのは初めての経験になります。
民主党から、中井ひろし衆議院予算委員長(三重県)、黄川田徹(岩手県)両衆議院議員が参加、派遣団は四人となりました(要請した公明党は不参加に)。

麻生元総理とは、二年前2008,6 日本ブラジル移住100周年記念派遣団(麻生団長)で一緒して以来のコンビが復活。
併せて、麻生団長に日本政府代表の特派大使としての臨席が政府から要請がありました。

本来政府特使は与党から派遣されることが慣例ですが、前原外相、菅総理として新大統領とも旧知の麻生元総理の特使に異論なく、与党側に適任者が居らず、外交の継続性からしても適切な対応です。

12月30日に成田を出発してから、飛行時間だけで26時間、乗り継ぎ時間を入れると33時間余りかかりました。

今や150万人と言われる日系社会を持ち、100年に亘るブラジル経済の発展への貢献と実績、信頼関係を重視すべきことを再確認しました。

午後4時30分から、ブラジル外務省にて、アモリン外相、パトリオッタ次期外相との対談。
日伯関係の緊密さを相互確認。多様化した日伯関係の中で、デジタルテレビの日本方式の採用、南米への統一化。
エタノール開発、モザンビーク農業協同支援事業、日伯社会保障協定の締結、国連安保理改革等が話しあわれました。
次期外相を同席させたことが伯日関係の重視の表れでしょう。

11時から大使公邸で、式典の打ち合わせをしながらの昼食。
三輪大使ご夫妻のお心遣いで、おせち料理にあずかり、日本酒で、あらためて、明けましておめでとうの乾杯をしました。

公邸から式典会場の国会上院本会議場へと向かいました。
麻生特派大使は各国首脳のいる議場に、他の方々も三輪大使、中井議員(与党代表としての扱い)と黄川田議員と私、星野南米課長は別々の席と、三班に別けられ着席。
14時30分からブラジル大統領就任式が上院本会議場にて始まりました。

15時からジルマ・ルセーフ新大統領の演説、約45分にわたる長いものでしたが初の女性大統領としての少しの気負いと大きな自信を感じさせるものだったのではないでしょうか。

16時30分に会場を官邸に移って、新旧大統領の引き継ぎのセレモニー。

18時より、外務省にて、ルセーフ大統領主催のレセプションに臨みました。
アメリカのクリントン国務長官の姿があり、また韓国の新しい国務総理とは挨拶を交わしました。
本日、ルセーフ大統領と会えたのは、時間の制約がありで、結局は麻生特派大使だけでした。
しかし、大統領側から明日特別に代表団との懇談の時間を取ってくれたようです。

貴賓室でルセーフ氏とのやり取りから麻生特使の話。
『「二年前より表情が良くなった、選挙のせいだろう、逞しくてきれいになりましたね」と本当にそう思って言ったのだが、彼女は大変うれしそうで、各国代表団に聞こえるように、「麻生は日本で、外相、総理大臣として二度も丁重に会ってくれ、対応してくれた。日本はブラジルの大事な友人である。明日もう一度会いましょう」と返答してきた。他国の代表がなぜ日本は特別なのかと羨望の眼差しとつぶやきを受けたよ』。

21時、今日最後の日程の大使公邸での伯日議員連盟の議員団との交流会です。
7人のブラジル議員が集合(そのうち日系議員が4人)し、今年の先の選挙で落選された人や、二年前の100周年の際は、下院議長として皇太子殿下を議場に迎えた大物議員も居られました。
この方キナレスさんは、この議場での式典で、殿下自身の挨拶の前に、50周年当時にされた当時の皇太子(現天皇陛下)のあいさつを予告なしにテープから流すと言うハプニングを演出した立役者で、あのときの感動的な場面を麻生団長と共に思い出し、交流会は大いに盛り上がりました。

全文は此方から:http://tspark.no-blog.jp/oyayubi/2010/12/1_2f9b.html

(以上、衆議院議 河村建夫氏 ブラジル・エクワドル訪問記より抜粋引用)

ー日本とブラジルの関係はどうあるべきか?−

 「BRICsの中で、日本は中国に目を向けすぎているきらいがある。ブラジルは親日で、かつ資源を持っている国。日本はもっと目を向けて当然だ」

全文は此方:http://sankei.jp.msn.com/world/america/110102/amr1101022152008-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

麻生元首相の外交センスは海外からも高く評価されていますね。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です