Facebook、自殺をほのめかすユーザーとカウンセラーをつなぐ「自殺予防ツール」を発表!

日本では自殺者の数が年々増加する一方だが、日本ほどの自殺率ではないもののアメリカでも日々100人余りの人が自ら命を絶っているという。
この悲しい現状の改善に向けて、Facebookが新サービスを発表した。
自殺をほのめかすようなコメントを投稿したユーザーに対して、全米自殺防止ライフラインの電話番号とカウンセラーとチャットができるリンクをメールで連絡するサービスを開始するそうだ。

Facebook自身が自殺をほのめかしているようなコメントを探すことはせず、友人による通知を元に自殺を考えている恐れのあるユーザーにメールを送るという仕組みだ。

具体的には、自分の友人がコメント欄で自殺をほのめかすような投稿をしていたら、コメントの横のリンクをクリック。すると、Facebookに通知が送信される。
通知を受けたFacebook側はライフラインに電話をするように呼びかけるメッセージと、カウンセラーとチャットができる専用のリンクを載せたメールを対象者に送るとのこと。

ちなみに、全米自殺防止ライフラインとは相談員が24時間態勢で自殺を考えている人からの相談に電話で対応しており、全米に150以上ものセンターをもっている。

「すぐに第三者による介入があれば、自殺願望は減少することが研究結果でも示されています」とライフラインのリディア・ バーニクさんは話す。
また、「誰かに話したいけれど、電話はしたくないという人は多くいます。なので、チャットは相談に最適なツールになります」と新ツールの自殺予防効果を期待している。

残念ながら、この新サービスはアメリカとカナダのFacebookユーザーのみ利用可能とのことで、日本のユーザーは利用できないが、SNSを活用した自殺防止の取り組みが今後どれほどの効果を上げるのかはとても気になるところだ。
自殺者が増加する一方の日本でも参考にできる点が多くあるかもしれない。

(文=佐藤 ゆき)

http://rocketnews24.com/2011/12/18/163300/

(以上、RocketNewsより)

此のサービスの成果を期待したいと思います。

一瞬で人生が変わる名言集 -Words Book-



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です